スポンサーリンク

【野球のルール】ファールボールの定義とは?フェアとの境界はどこ?


ファールボールは、

打者の打球が

フェアゾーンに

入らなかったもののことです。

定義はそうなのですが、

これだと、あまりにも

あっさりしすぎですよね。(笑)

実際は、

ファールボールとフェアの境目について

意外とややこしかったりします。

そして、それを知らないと

痛い目に合うこともいつかは

あるでしょう。

ということで、

ファールボールとフェアの

境界に注目しました。

スポンサーリンク

【野球のルール】ファールボールとは?

野球のグラウンドは、

ファールゾーンとフェアゾーン

わかれています。


本塁と一塁、本塁と三塁を結ぶ 

2本のファールラインで区切られていて、

キャッチャー意外の野手がいる方を

フェアゾーン、それ以外を

ファールゾーン
と呼びます。


ファールゾーンに飛んだボールが

ファールボールと呼ばれます。


ようは、

ファールラインの内側か外側か

というところが区切りになります。


フェアゾーンは、90°です。


また、フェアゾーンは

扇のような形です。


そのため、キャッチャーを

扇の要と呼ぶことがあります。


端的にいうと、

フェアゾーンに

ボールが落ちるとフェアになり、

ファールゾーンにボールが落ちれば

ファール
になります。


そうはいっても、


これはどっちなんだ?!


というところに打球が飛ぶことも

少なくありません。


具体的に

どういうところに打球がいけば

ファールボールになるのかは

以下の通りです。

スポンサーリンク

こんな時はファールボール

以下のケースは

ファールボールとなります。


・打球が最初に内野のフェア地域に触れたが、

その後本塁一塁間および三塁間の

ファール地域で止まったもの。


・バウンドしながら内野から外野に超えていく場合に、

一塁および三塁を過ぎるときに、

ファール地域内またはその上方空間に

あった場合。


・最初に落ちた地点が

外野のファール地域内である場合。


・ボールが最初に野手に触れた位置が

ファール地域内の上方空間である場合。


ようするに、

ファールボールとフェアの境界は、

一塁ベースと三塁ベースなのです。


一塁ベースと三塁ベースを通過する前に

フェアゾーンからファールゾーン
に打球が

出ればファールとなります。


逆に最初に落ちた地点が、

一塁ベースと三塁ベースの後方のフェアゾーンであれば

その後ファールゾーンに出てもフェアになります。


内野手においては、

すべての打球を自己で判断せず

すべてフェアという前提で対応するというのが

重要でしょう。


野球において、

思い込みは悪でしかないですからね。


以上、【野球のルール】ファールボールの定義とは?フェアとの境界はどこ?でした。

【あわせて読みたい】

【プロ野球ルール改正(変更)】2018年はいろいろと変わり過ぎる件

【必見】野球のルールまとめ!

【必見】野球のポジションまとめ!

【必見】プロ野球選手の年俸まとめ!

スポンサーリンク