明徳義塾の監督の評判は悪い?

甲子園常連校である高知の明徳義塾は、高校野球の名門といった雰囲気のあるチームです。

そのなかでも馬淵監督は、過去の采配によって評判の悪さを聞くこともあります。

それはなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

明徳義塾の監督の評判は悪い?

明徳義塾の監督の評判が悪いとされているのは、1992年の夏の甲子園での石川代表 星稜高校との試合で、メジャーリーグでも活躍した松井秀喜を5打席連続で敬遠したことが要因に挙げられるでしょう。

1992年8月16日に行なわれた星稜対明徳義塾の一戦。星稜4番の松井秀喜は、5打席連続で敬遠され、一度もバットを振らせてもらえぬまま、甲子園を去った。

敬遠はあくまで野球の中の作戦の1つにすぎませんが、高校野球という枠組みの中において、そのような采配は度を越しているという声も多く聞かれました。

グラウンドにメガホンが投げ込まれるなど、ある意味社会現象ともなった試合でもありました。

そういったこともあり、明徳義塾、そして馬淵監督は悪役プロレスラーばりの評判の悪さがついているのです。

裏を返せばそれだけ松井秀喜が凄い打者だったともいえるのですが、勝利に徹した野球をしたことがかえって評判を悪くしたのではと思います。

高校野球だから真剣勝負を見たいというのは誰しもが思うことですよね。

また、明徳義塾は県外出身者が多く占めるチームでもあるので甲子園ではヒール役のイメージが強いです。

それでも明徳義塾のそつのない野球というのは、見ていて勉強になる部分は多くあるように思いますね。

世間的には評判が悪いとされている、馬淵監督ですが報道陣の評判はかなりいいようで。

スポンサーリンク

報道陣への評判の良さ

世間的にはヒール役になっている明徳義塾ですが、報道陣の監督に対する評判はいいものとなっているそう。  

その魅力は野球についての高い見識、も、あるが、やはりユーモアだ。たとえば今大会では1回戦の試合前、

「うちは下位打線からチャンス作って点を取ることが多い」

 と自チームの説明をしながら

「7、8、9番でチャンス作って、1、2番でランナー返して、ほんで3、4、5番でチェンジや(笑)」と笑わせる。

試合の時とは違う、気さくな方といったところでしょうか。

普段とのギャップがあるというのは、モテる要素でもありますからね。(笑)

ギャップが強すぎるがゆえに報道陣の評判も良いのではと思います。

ユーモアというか、遊び心がない人は魅力を感じませんからね。

車もハンドル操作やアクセルに遊びがあるから、運転がしやすいのです。

馬淵監督の評判というのは、人それぞれというところですね。

以上、明徳義塾の監督の評判は悪い?でした。

【あわせて読みたい】

【選抜高校野球(春の甲子園)2018】の優勝候補と優勝予想!的中率90%以上!?

【選抜高校野球(春の甲子園)2018】の出場校一覧と組み合わせを紹介!

【野球のルール】タイブレークとは?2018年の選抜高校野球から正式導入!

【必見】野球のルールまとめ!

スポンサーリンク