スポンサーリンク

中日ドラゴンズの中継を【無料】等で見る方法まとめ!【テレビ・ネット】    


2017年、

5位という成績に終わった

中日ドラゴンズ。


落合監督の時代は

手強いチームという印象でしたが、

ここ数年は

Bクラスの常連になっており

2018年は強い中日ドラゴンズの復活に

期待がかかります。


投手陣では

リーグを代表する抑えの田島、

先発の軸である

小笠原、大野の両左腕、

新加入で

なにかと注目される松坂大輔

新人王にも輝いたショートの京田、

ホームランが期待出来る

ビシエドや福田などに注目です。


そんな中日ドラゴンズの

試合の中継を

テレビ・ネットで見る方法と

合わせて無料で見る方法を

紹介していきます。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの中継を見る方法【テレビ】

中日ドラゴンズの中継(主催試合)を

テレビで見るには、

地上波、bs・csとあるので

順に紹介していきます。

地上波

■テレビ愛知
■東海テレビ
■三重テレビ
■CBCテレビ(CBC)
■NHK名古屋放送局



上記の局で中継を見ることが出来ます。


地上波の中継は、

無料で見られるのが

最大のメリットです。


ただ、中継が少ないことや

放送時間が少ない、

試合の途中で打ち切りになったりと

なにかと制約が多いです。



視聴エリアが限定的になりますが

見ることが出来る方は

地上波中継を活用するのも

ありだと思います。

スポンサーリンク

J SPORTS【bs・cs】

中日ドラゴンズの主催試合は主に

J SPORTS2で放送されています。


J SPORTSは

スカパー!や各地域のケーブルテレビ等に

加入すると見ることができます。

(スカパーは、申し込み月の基本料・視聴料が無料)

↓ ↓ ↓



J SPORTS 1~4までの契約が必須で、

基本料金421円/月(税込)と2,469円/月(税込)の

合わせて2,890円/月(税込)で利用できます。


ビジターの試合も見たい場合は、

スカパーのプロ野球セット3,980円/月(税込)

という選択肢もあります。

こちらを契約することで、

12球団の試合すべてを見ることが

出来ますからね。


余裕のある方にはおすすめとなります。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの中継を見る方法【ネット】

DAZN(ダゾーン)

中日ドラゴンズを含む11球団(巨人を除く)

の主催する公式戦全試合のライブ配信および

見逃し配信を見ることが出来る、

動画視聴サービスです。


プロ野球中継だけでなく、

メジャーリーグで活躍する

日本人選手(大谷翔平、ダルビッシュ有、田中将大など)

の中継も全試合ライブ中継されます。


1つ注意点としては、

一部の対巨人戦は権利の関係上

視聴出来ないという事です。


月額料金1750円(税抜)(ドコモユーザーは、
月額980円(税抜))

で利用できます。


また、1か月の無料体験期間(無料期間内に退会すれば、月額利用料不要)

もあるので

試しに登録してはいかがでしょうか?


各種の中継サービスを利用して

中日ドラゴンズを応援しましょう!


以上、中日ドラゴンズの中継を【無料】等で見る方法まとめ!【テレビ・ネット】でした。

【あわせて読みたい】

【注目】野球観戦時に必須の日焼け止め!

【必見】野球の中継まとめ!

【必見】野球のルールまとめ!

【必見】野球のポジションまとめ!

【必見】プロ野球選手の年俸まとめ!

スポンサーリンク