スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの中継を【無料】等で見る方法まとめ!【テレビ・ネット】


2017年、

ラミレス監督の神采配

19年ぶりに日本シリーズ進出を果たすなど

ファンを沸かした横浜DeNAベイスターズ。


浜口、今永、石田といった

サウスポーの好投手であったり

首位打者やベストナインにも輝いた

宮崎など魅力的な選手が多く

2018年もAクラス入りは堅いでしょう。


そんな横浜DeNAベイスターズの試合の中継を

テレビ・ネットで見る方法と

合わせて無料で見る方法を

紹介していきます。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの中継を見る方法【テレビ】

横浜DeNAベイスターズの中継(主催試合)をテレビで見るには、

地上波、bs・csとあるので

順に紹介していきます。

地上波

■テレビ神奈川
■TBS

地上波での中継を見るメリットは、

やはり無料ということ。


デメリットとしては、

中継自体が少ない、放送時間が少ないなどでしょう。


神奈川県に住んでいる方であれば、

地上波中継を活用するのもありですね。

BS-TBS【bs】

BS-TBSでは

横浜DeNAベイスターズ戦を中心に、

全52試合が放送されます。


bsが見られる環境にある人は、

無料で見られるので、

ぜひとも

BS-TBSを活用しましょう。

スポンサーリンク

TBSチャンネル2【cs】

TBSチャンネル2では

横浜DeNAベイスターズの

主催全72試合を放送しています。


TBSチャンネル2は

スカパー!や各地域のケーブルテレビ等

加入すると見ることができます。

(申し込み月は加入料・基本料・視聴料が無料)

↓ ↓ ↓

TBSチャンネル2は

最新ドラマ・音楽・映画が見られる

TBSチャンネル1とのセットの契約が必須で、

基本料金421円/月(税込)と1,080円/月(税込)の

合わせて1,501円/月(税込)になります。


ただ、単体の契約では

主催試合以外は見ることが出来ません。


ビジターの試合も見たい場合は、

スカパーのプロ野球セット3,980円/月(税込)

などという選択肢もあるので、

自分にあったものを選びましょう。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの中継を見る方法【ネット】

DAZN(ダゾーン)

横浜DeNAベイスターズを含む11球団(巨人を除く)

の主催する公式戦全試合のライブ配信および

見逃し配信を見ることが出来る、

動画視聴サービスです。


メジャーリーグで活躍する

日本人選手(大谷翔平、ダルビッシュ有、田中将大など)

の中継も全試合ライブ中継されます。


DAZNは月額料金1750円(税抜)(ドコモユーザーは、
月額980円(税抜))で利用できます。


また、登録して1か月は

無料体験期間(無料期間内に退会すれば、月額利用料不要)

となっているので、

試しに登録しても損はないのかなと思います。


手軽に気軽に野球中継を見られる。


本当にいい時代ですね。(泣)

スポンサーリンク

AbemaTV(アベマTV)

AbemaTVは

PC、スマホ、タブレット等で

アニメやドラマ、音楽、スポーツなど

約30チャンネルの多種多様な番組を楽しめる

インターネットテレビ局です。


このAbemaTVでは、

横浜DeNAベイスターズの主催する

公式戦全72試合が完全無料で生中継されます。


かなりありがたいサービスとなっていますので、

ぜひ活用しましょう。


各種の中継サービスを利用して

横浜DeNAベイスターズを応援しましょう!


以上、横浜DeNAベイスターズの中継を【無料】等で見る方法まとめ!【テレビ・ネット】でした。

【あわせて読みたい】

【必見】野球の中継まとめ!

【必見】野球のルールまとめ!

【必見】野球のポジションまとめ!

【必見】プロ野球選手の年俸まとめ!

スポンサーリンク