スポンサーリンク

斎藤佑樹 2017年のフォームがダメな理由。


かつての甲子園のスターであり

アイドルでもあった、日本ハム斎藤佑樹。


ハンカチ王子と騒がれてから時は経ち、

本人もファンも

思い描いていたような活躍が出来ていない

というのが現状でしょう。


ライバルだった田中将大

メジャーリーグでヤンキースの主力投手となり、

開幕投手を任されるほどに成長しました。

↓ ↓ ↓

田中将大のニックネームは何?メジャーではこう呼ばれている!

斎藤佑樹は毎年のように、

戦力外になるのでは?と噂されています。


そんな斎藤佑樹への期待はありますが、

フォームがダメなのでは?
と思うところがあります。

スポンサーリンク

斎藤佑樹の2017年のフォームがダメな理由は?

斎藤佑樹のフォームがダメな理由は、

体の力を上手くボールに伝えきれていないところにあります。

立ち投げのような感じです。

下半身の力を上半身に伝えることが上手く出来ていないのかなと。

ホークスの和田毅のような、

下半身主導のフォームが理想的ですからね。


斎藤佑樹は見ていても躍動感のない、

手投げに近いフォームですから魅力を感じません。


高校時代は躍動感のあるフォームで、

140キロ台後半のストレートを軸とした投球をしていて、

スタミナもあるしでこれは

将来楽しみな投手だなと思いました。


ワクワク感がある投手というのは数少ないですが、

その中の一人が斎藤佑樹でもありました。


2017年のフォームとしては高校時代と同じように、

軸足の右足をまげてタメを作るような投げ方です。


しかし、右足の蹴りが弱いせいか

躍動感は感じられないフォームです。


打者からすれば

打ちやすい投手という位置づけかもしれません。


ストレートも対して速くない、

変化球も特別凄くないとなると

打ちやすい投手ですからね。


下半身を強化し、下半身主導のフォームを

手に入れなければ未来はありません。

スポンサーリンク

斎藤佑樹の活路は?

斎藤佑樹は肩を故障した経緯もあり、

投球スタイルを変えていく必要があるでしょう。


本人としてはストレートを軸とした投球スタイル

望んでいるようですが、

それはやめたほうがいいと思います。

今、イメージしているのは、パワーピッチャーの自分です。アウトコースにストレートを投げて、ファウルを打たせる。もう一球、外へ投げてまたファウルでストライクを取る。最後、スライダーが来るかなと思わせておいて、もう一球、ストレートで見逃しの三振。こういうピッチングが理想です

もちろん投手であれば

パワーピッチャーに憧れはあります。


しかし、プロ野球での目的は

チームが勝つということが第一です。


チームが勝つためには

パワーピッチャーである必要はありません。

いいピッチャーは

コントロールが良くテンポのよい投球をする投手です。


斎藤佑樹がこれから先

プロ野球という世界で生き残っていくのであれば、

ツーシームやカットボールといった動くボール

武器にやっていく必要があるでしょう。


球速がなくても

打ち取れる可能性が高いボールですからね。


引退した広島カープの黒田のような

巧みな投球が、

投手としては理想的なものだと思います。

斎藤佑樹の活躍は

高校野球ファンも願っているところなので、

ぜひともまた輝いてほしいですね。


以上、斎藤佑樹 2017年のフォームがダメな理由。でした。


こちらの記事も読まれています!

↓ ↓ ↓

プロ野球選手【イケメン神7】が発表!女心を鷲掴みにしたのは誰?!

【プロ野球選手】イケメンで独身の選手を厳選して紹介!

プロ野球選手の【年俸】はなぜ推定?その推定方法とは?

プロ野球選手の税金対策!高級車に乗っているのには理由がある?

スポンサーリンク