大田泰示のトレードの理由や真相は?

大田泰示は2016年のオフに、巨人からトレードで日本ハムに移籍しました。

大田泰示は日本ハムで輝きを放っています。

まさに水を得た魚の如く。

そんな大田泰示がなぜ巨人ならトレードに出されたのか。

その理由や真相は気になるところです。

スポンサーリンク

大田泰示のトレードの理由や真相は?

トレードの理由としては、巨人が先発ができる実績のある左腕を欲しいというのと日本ハムが右の長距離打者が欲しいという両球団の思惑が一致したからです。

日本ハムの吉川はMVPに輝いたシーズンもあり、年齢もまだ若いです。

左投手で球が速いというのも魅力な点だったのでしょう。

大田泰示は鳴り物入りでプロ入りしましたが、泣かず飛ばずといった印象で巨大戦力の巨人の中で埋もれてしまっているようにも思えました。

大田泰示は巨人のドラフト1位でしたが、そんな選手がトレードになるというのはある意味珍しいことなのかなとも思いました。

いままで辛抱してきたが、もう我慢できないというような感じでしょうか。

トレードの理由としては、巨人の大田泰示への親心もあるのかなと感じましたね。

このままでいるよりは、環境を変えた方がよいだろうと。

トレードの理由や真相はそういった巨人の親心も一因なのかなと思います。

スポンサーリンク

トレードは悪くない

巨人という球団は選手層も厚いので、試合に出続けるというのがかなり大変な球団でしょう。

ライバルとの戦いもあるし、自分との戦いもありますからね。

なにかが秀でていないと活躍できないプロの世界で、大田泰示は持ち前の長打力を発揮出来ていませんでした。

やはり試合の経験が限られる環境であったため、成長の度合いも遅かったのかなと思います。

勝ちを優先すると、どうしても実績があって計算できるベテラン選手を起用しますからね。

またずっと同じ環境にいれば刺激も少なくなるので、精神的にもよくないという理由もあるでしょう。

また、トレードにかけられるというのはマイナスなようにも感じてしまいますが、心機一転という意味では悪いことではないとおもいます。

やはりプロの世界はお金を稼ぐのはもちろんですが、試合に出ることが生き甲斐でしょう。
 
出場機会が多くありそうなチームにいくことが活躍するための秘訣です。

また巨人と日本ハムのトレードは昔から多いため、読売ファイターズと揶揄されることもありました。

そこは偶然だと思いますが。

日本ハムは若手の選手が育ちやすい環境なので、どの球団も欲しくなるような選手が多いという話でしょう。

大田泰示が4番を打つ姿もいずれは見てみたいものです。

以上、大田泰示のトレードの理由や真相は?でした。

スポンサーリンク